すっかりご無沙汰をしております。
お元気でお過ごしでしょうか。

NACHARALを立ち上げて1年が経ちました。
応援してくださる方、
商品を気に入ってくださる方が少しずつ増え、心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。

法律の勉強をしていたわたしが全く畑違いの美容業界に飛び込むきっかけのひとつはバリ島のリッツカールトンのスパを訪れたことです。バリの明るくて真っ白な太陽、美しいプライベートビーチ、銅鑼や打楽器ののびやかな音色、人々の温かい笑顔、濃密な花の香りや太陽の恵みを受けた果物。まさに地上の楽園でした。

長年の受験で強いストレスを抱えボロボロの状態でしたが、
リッツカールトンリゾート&スパの滞在で
それまで灰色に覆われた世界が彩を取り戻していくのが分かりました。
この経験が、人生の舵をおおきく切るきっかけになったといま改めて感じています。

ブランド名NACHARAL(ナチャラル)は、お茶(CHA)とNaturalを掛け合わせた造語です。

開業前、ブランド名は「Nacharal spa」にしていたのですが、
入浴剤を作る際に「Spa」が付くと、温泉と誤認される可能性がありNGとの指摘を受け、Spaを外したという経緯があります。

確かに、日本では、スパ=温泉と理解されることが多いでしょう。
しかし、スパとは単に温泉のみを示す言葉ではありません。

では、Spaとはなんでしょうか。
スパの起源はローマ帝国時代の遠征した際に各地の鉱泉を健康回復のために利用したことに端を発します。

そのため、スパの本質は、「健康」と「水」にあるとされ、
健康や美容を目的とするために
温浴をはじめ水の力や自然療法を提供する場所
と理解されています。

スパの定義については諸説あります。
健康と美の維持・回復・増進を目的として、温浴・水浴をベースにくつろぎと癒しの環境と様々な施術や療法などを総合的に提供する施設(NSPAによる定義)
精神、身体、霊性(mind/body/sprit)が調和した真の健康と美を目的とし、「水」をはじめとする自然界の力、そして時間、空間を統合し、個人の目的に沿ったプログラムを提供する場(JSPAによる定義)

世界・ホテルスパの基本(財団法人日本ホテル教育センター編)

静岡もバリ島と同じく楽園の要素があると感じています。

萌黄色の茶畑、富士山にかかる雲海、街中のそこここで鼻先をくすぐるお茶の香り。何より、都会にはない人の温かさを感じました。

NACHARALのリーフレットに以下のように記載しています。

「ナチャラル」について
育児に追われ疲れ果てていたころに静岡に移り住み、お茶に出会いました。
飲むだけではなく茶葉に触れること、
パックや入浴剤として親しむことで
こころが解放され、大いに励まされました。
あのときたしかに、お茶から生命力を分けてもらったのだと思います。
その「原体験」をより多くの方に共有したく、
お茶をつかったスパ商品を開発しました。
「ナチャラル」商品を通じて、
茶畑の向こうに見える富士山や、
茶畑に薫風、
大地と太陽の恵みをたっぷり受けたお茶の生命力を
感じていただけたら幸いです。
製品には、静岡県内で生産された良質な有機茶をふんだんに使いました。
特に収益化が難しい中山間地の小規模茶園を次世代につなげていきたいと願っています。

先日、ハーブボールの取扱いをはじめてくださったお客様から、
嬉しいコメントをいただきました。


夏子さんの「原体験」を共有してくださるために、商品を開発され、販売されていたんですね! 今まで何度か自分で作ったり、買ったりしてハーブボールを使用してきましたが、確かにナチャラルのハーブボールは夏子さんの「原体験」みたいな感じが伝わってきていたように思います。

商品を通じて、さらには静岡県内のスパで
心も体も癒していただけたらという思いで
事業を推進しています。
(写真はリッツ・カールトン バリ滞在時のもの)

 

バリのリッツカールトンにて