最近身体を鍛えることに夢中になっている。

都会での生活のストレスの吐け口としてスポーツクラブに通っているのだが、もともとの性質がMなので、苦しければ苦しいほど燃えてしまう。

ここ1カ月週3回終了間際のジムに駆け込み、30分くらい筋トレ中心のメニューをこなす。さぞ筋肉量が増えただろうと楽しみに測定した先日。1カ月前にインストラクターに作ってもらった筋トレマシン中心のトレーニングメニューを真面目にこなしたはずなのに、筋肉量は微減…。(写真左)やってきたトレーニング内容を確認すると、インストラクターに「そりゃ、負荷が少なすぎますわ」と笑われた。ポパイのように盛り上がった二の腕や六つに割れたお腹は作りたくなく、軽い負荷で回数を増やしていたのがいけなかったらしい。あまり軽い負荷で回数をこなしてもウォーミングアップにしかならず、筋肉痛をある程度の負荷を筋肉にかけないと筋力はつかないという。

これは仕事でも同じだなぁと気づく。
できる仕事をどんなにやっても能力は上がらない。
苦しみながら仕事をした時の方が能力は上がっていく。

というわけで、文章力を鍛えるため東京の文芸仲間からお誘いを受けた同人誌に参加させていただくことに。内容はR18。大いにしごかれよう。ただ、いつどこに出すかは内緒。(写真右)

昨年からボクシングジムに通い、鍛え始めたきっかけになったのが「百円の恋」。
ワークアウトのすばらしさは身体以上に、メンタルが鍛えられることだと思っています。身体も脳みそもメンタルも、筋肉痛になるくらい負荷をかけていきたい、昨今。