小学生の息子が音読していた阪田寛夫さんの詩。

このきのなまえは クリスマツ
ふゆが ほえます
てが こごえます
はっぱかれます くさります
それでも まちます まちます まちます
まちます まちます まちます はるを
このきのなまえは クリスマツ

このひのなまえは クリスマス
つちも ひえます
くび すくみます
とりもけものも だまります
それでも まちます まちます まちます
まてます まてます まてます はるを
このひのなまえは クリスマス