静岡県立大学経営情報学部・リスクマネジメント論で行われた日本銀行静岡支店特別講義「日本銀行の役割と日本・静岡県経済 」内で興味深かった点。

  • 金座町…金貨鋳造所のあった場所。現在の日本銀行静岡支店のある場所。
    ちなみに、江戸時代に金座は全国に4か所あった。(江戸、駿府、京都、佐渡)
    江戸の金座跡は現在の日本銀行本店がある。
  • 駿府銀座…現在の両替町。銀貨鋳造所があった。※ちなみに、東京の銀座も銀貨鋳造所があったわけだが、駿府の銀座から江戸に移した。なんと東京の銀座よりも駿府の銀座の方が歴史が深い。
  • 銭座町…銅貨鋳造所のあった場所。現在の横内小学校の近くですね。また、静岡県民は東京都、愛知県に次いで全国3位のお金持ち。
    でもお金の使い道はざっくり。リーマンショックにより製造業が大打撃を受け、サービス業に転向したが儲かっていないというショッキングな数字も。全国的な流れだが、静岡県は顕著だという。