泡についての考察。

心の中は泡の粒のように色々なものが浮かんでは消えていく。

好き・嫌い・怒りなどの感情も、沸き起こっては消える。
感情はその感情を引き起こした相手にぶつけたくなるが、その前によく吟味しなくてはならない。泡のように消えてくれ、と思う感情も沸き起こる。泡のように消えるのを待って、消えるならぶつけなくてよかったと思う。
消えないなら、やはりそれは大切にすべきで必要ならば伝え方を熟慮したうえで勇気をもってぶつけたい。

逆にアイデアは消えるのを待っていてはなくなってしまう。
泡のうちに上手くすくいとらなくては。